動体療法

◆動体療法のご紹介

写真4
動体療法は、特に腰でお悩みの方におすすめです。
ぎっくり腰や寝違いに効果があります。
魔法がかかったみたいに「あれ?治っちゃった」ということもよくあります

文字通り動かしながら治していく方法です。これまでの一般的な治療法は寝た姿勢で患者様にじっとしていただいて施術をおこなうことがほとんどなのですが、動体療法では体を動かしながら治療をおこなっていきます。

しかも「痛い方向に動かしながら」・・・
痛みを打ち消す刺激を与えることで、すばやく痛みを取り除いていく画期的な手法として注目を浴びています。

 

急性の寝違いやぎっくり腰、などに即効で症状改善する場合があります。

痛い方向に動かすなんて怖い・・・と思う方もいるかもしれません。
牛込接骨院ではなるべく無理をしないで、痛い方や怖い方は無理をさせることはありませんのでご安心ください。

その場で効果を実感していただけるというのがこの治療のメリットです。
試合の前にやっていくという方もいらっしゃいます。

動体療法について

動体療法は動体療法学会、会長である大島正樹氏によって開発された治療法で、多くのプロアスリートの
“コンディショニング”や”ぎっくり腰”・”寝違え”などの急性症状の治療に用いられています。


>>> 動体療法学会

動体療法 創始者
 キネシオロジスト
 カイロプラクター
 動体療法学会
 会長 大島正樹

大島正樹さん

大島正樹氏 著者の紹介

動体療法は特許庁登録商標です。
登録 第5029539号

知的所有権協会登録創作事実の立証(著作権)が証明されています。
登録 第245291号

 

◆患者様の声

30代女性

高崎市浜尻町
N・M様 30代女性

平成27年2月に、突然首と腰の痛みと右足の痛みが出て歩くのもままならず、このままでは仕事に行けないと思い病院を探していた所、牛込接骨院に目が留まりました。
病院での治療はわかっていたので、初めての接骨院でどこまで良くなるか?という思いもありました。
飛び込みで行ったにもかかわらず丁寧に対応して頂き、正直1回目はそんなに変化もなく・・・明日の仕事に行けるかな?と思いましたが、翌日朝起きたらうそのように痛みも軽くなっていて、無事に仕事ができました。
それから1週間毎に通うようになり、すっかり痛みもなくなりました。今は3~4週間に1度通っていますが、ここ2ヶ月は痛みとは無縁の生活を送っています。
なんだか体が軽くやわらかくなったような感じで動きも今までよりスムーズになりました。そして何より今までは15分と立っていられなかったのが30分~40分くらい同じ姿勢で立っていられるようになり、とってもうれしいです。
これからも明るい毎日が送れるように通いたいと思っています。いつもありがとうございます。

高崎市浜尻町

動体療法 症例

高崎市10代男性

高校生なのですが、腰痛でサッカーの試合で走りたいのに辛いとのことでした。
動体療法で腰痛をやわらげ、テーピングで固定し試合に無事でることができました。

その後、数回からだのメンテナンスにきていただき、改善しました。

高崎市40代男性 高崎市上大類町

もともと腰の治療にこられていたのですが「今日はちょっと首も寝違えたみたいで」といってこられました。最初BT療法をおこない、だいぶ楽になったのですが、少し痛みが残っているということで動体療法をおこないました。
するとすっかり痛みがなくなって、びっくりして帰られました。

お問い合わせはこちら | うしごめ接骨院

お問い合わせは、TEL.027-364-2439かメールフォームにて!
予約フォーム